IT社員の公私混同2

ゲーム開発者が、映画、ドラマ、アニメと言った趣味について書くブログです。

【感想】映画 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER

観てきたきてたので、感想を書く
力作だが、良くも悪くも平成ライダーを凝縮した作品だった。

スポンサードリンク

 

 

見どころがしっかりある作品であることは間違いない。
 
異なる世界設定を背景にもつライダーたちは、
どれも個性が際立っていて、その際立った個性が集合する展開は胸アツであった。
 
そして、終盤、仮面ライダーアイデンティティの一つであるバイクを使ったアクションを思う存分みせて、
その後、ライダーキックでしめるという展開はライダーらしさが詰まっていて最高である。
個人的には、キバとウィザードというベストマッチなキャラクターが同じフレームでキックの予備動作をするシーンは、かっこよかった。
平成仮面ライダーの総仕上げといった内容だった
 
ラスボスのCGがもっとハイクオリティーだったら、完璧なバトルだっただろう。
 
だが、中盤以降の展開がダルすぎる。
平成ライダー達が一堂に集うまでに、話が二転三転していて、飽きる。
映画館のちびっこたちは、明らかに疲れていた。
 
登場人物たちがなぜ記憶を失うのか、少年はなぜ追われているのかという序盤の掴みはよかったと思う。
ただ、その謎が明かされていく過程がダルすぎた。
これも、異なる世界観を持つ平成仮面ライダーを一つの舞台に登場させるために、色々と設定をこねくりまわさないといけないことが関係しているのだろう。
 
平成仮面ライダーは、「ライダーごとに別々の世界で起こった話」にすることで、
クロスオーバーのしやすさを犠牲にする代わりに、それぞれの作品の特徴を出してきたので、仕方のないことではある。
※例えば、ビルドのように日本が分断されているみたいな世界。
 
本作はそういった意味で良くも悪くも平成ライダーらしさが全開の作品だった。

 

↓別のブログで書いた記事です。

sonykichi.blog.jp

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER メドレー D.A. RE-BUILD MIX

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER メドレー D.A. RE-BUILD MIX

 

スポンサードリンク