IT社員の公私混同2

ゲーム開発者が、映画、ドラマ、アニメと言った趣味について書くブログです。

【感想】花束みたいな恋をした ※ネタバレあり

 

【映画パンフレット】花束みたいな恋をした 監督 土井裕泰 出演 菅田将暉、有村架純、清原果耶、細田佳央太、オダギリジョー、

 

いやー、エモい。エモすぎ
そして切ない。エモさと切なさの幕の内弁当だった。

 

※ネタバレありです

〈スポンサードリンク〉

 

そもそも出会いがエモい。

麦や絹の様なサブカル陰キャは、普段から疎外感を感じているのだから、同士を見つければ、それはうれしさで脳がスパークする。それが、顔面が菅田将暉だったり有村架純の様な見た目の異性なら尚更である。サブカル陰キャなんだから、押井守で智にテンション上がるなんて、運命を感じるのは当然である。
知れば知るほどに同じ様な趣味嗜好を持っていることを知り、そしてお互い嗜好や考えを尊重しあえるんだから、一緒にいたいと思うのは当然である。

 

そんな尊い存在と川沿いに住んで、一緒に焼きそばパンを買って歩き、川を観ながら飲み、日差しを浴びなら二人でベットでマンガを読んで泣く。激エモなシチュエーションがこれでもかと描かれる。

 

それ故に、それが壊れていく過程がとてもとても切ない。しかも壊れていく過程が、ただ一緒の時間をもっと過ごしたいという麦の思いから始まってしまうから、これまた切ない。

仕事が忙しくなり二人の大事にしてたものを、麦が興味を持てなくなり、ぴったりはまっていた二人の感覚がずれていくのがほんとうにやるせない。好きだった本を積み存外に扱うことになった麦は絹と出会った時とは変わってしまった。価値観だけではなく生き方まで変わってしまう。「やりたいことはやらなくていい」と絹を救った言葉を自ら否定するほどに彼の価値観はかわってしまう。
ただ、これほどに彼ががんばったのは、全て絹との生活を守りたいという強い願いからはじまったからだ。そんな彼の選択が、彼を変え、二人の関係性を変えてしまうという皮肉が悲しく切ない。

結婚式の帰りのファミレスであの時と同じように話すカップルをみた彼らは、そのことを思い知らされたんだろう。
このシーンは本作のエモさと切なさが凝縮されてて最高だった。

 

二人の関係が壊れてしまうというラストだが、本作のようにネガティブな事態に陥る場合、それに至る過程に説得力が必要だが、それが十分だった。

 

また随所に坂元裕二らしい独特のセリフもいい味だしていた。絹が圧迫面接を受けたことに怒った麦の「その人はいまむら夏子のピクニックを読んでもきっと感動しないような人だよ!」というセリフはとても印象に残っている。それゆえに、そのセリフが伏線となる後半のシーンに効いてくる。

 

また観たときに感動できない人間にはなりたくないと思えるほど、ほんとうに素晴らしい映画だった。

 

【感想】罪の声 ※ネタバレあり

罪の声 (講談社文庫)

罪の声みてきた。おもしろかった。

だいぶ前に書いたのに放置していたので、このタイミングになった……

 

※ネタバレありです

〈スポンサードリンク〉

 

全体的な構成がすばらしい。
主人公(星野源)の人となりを示す描写を最初の数分で示し事件のテープを発見して、事件に巻き込まれていくという序盤のパート

そして事件の真相に迫ることで、もう一人の主人公と出会って、ともに捜査を進めて、もう一人の声の主を見つけ出す中盤のパート

声の主から得た情報で、今も生きる犯人をみつける

といった一連の流れは無駄がなく、かつ自然だった。

 

ただ、中盤、星野源小栗旬の視点が場面に応じてスイッチする際に、頭の中で事件に関する出来事を整理するのが難しかった。

一人の視点だと、判明した事実の周辺からあらたな事実がわかるので事実と事実の関係性がわかりやすい。だが、2人の主人公が事件を調べることで、浮かび上がる事実のそれぞれの関係性を把握しづらくなっていた。


これは構造的な問題で解決しづらいと思うが、例えば、小栗旬のいた会社のホワイトボードや星野源の手帳の描写を入れると多少、マシになった気がする。

 

ただ、終盤、このダブル主人公の良さが発揮される。2人が同時犯人を追い詰めるので、短い間に一気に真実が解明し疑問が解決する。ここで感じられるカタルシスは、この映画ならではでこの映画の価値を高めている。

 

また、アンナチュラルでお馴染み野木亜紀子らしさもストーリー全体から感じ取れた。彼女は、「過去を解き明かすこと」の意味や意義をアンナチュラルでもMIUでも描いている。本作も同様だ。

 

時効になり真実が明らかになったとしても、犯人が捕まることもなく、社会的な意義は低いように思えることも、真実が明らかになることで、「罪の声」持ち主とその家族たちが救わる。悲しいことが起きてしまったという事実は変わらないが、彼らの中に何か踏ん切りがつき、前にすすむ姿には大きな感動を覚えた。いい映画だった。

sonykichi.hatenadiary.jp

sonykichi.hatenadiary.jp

【感想】銀魂 FINAL ※ネタバレあり

映画「銀魂 THE FINAL」オリジナル・サウンドトラック(通常盤)

マジで最高。
特別だけどいつもの「銀魂」だった
映画を観終わったあと、馴染みの友人たちがいたクラスの同窓会にでた様な気持ちになれた。

続きを読む