IT社員の公私混同2

ゲーム開発者が、映画、ドラマ、アニメと言った趣味について書くブログです。

感想 アントマン&ワスプ ※ネタバレあり

おもしろかった。やっぱり、アントマンは最高だ。 

 

※ネタバレありです。

スポンサードリンク

 

 

見たことないカーチェイス

サイズチェンジアクションは伊達じゃなかった。

車が拡大/縮小されることで、相手を振り切ったり倒したりするアクションは新鮮だった。

殺陣のシーンもおもしろかった。

前作に引き続き、サイズを変えながら近接戦は今作でも健在だ。それに合わせて攻撃をすり抜けるゴーストとの闘いがさらにオリジナリティーを加えていた。

説明セリフが長くても眠くならない

 ゴーストの存在だったり、ホープの母親の居場所や見つけ方の説明だったりが丁寧である。それでいて、それらの説明がわからない人を置いてきぼりにしない。

スコットがそれらの説明を聞いて「なるほど、わからん」というリアクションをとることで、観客はこれは完全に理解する必要がないことなんだと理解できるようになっている。

前作に続きコメディー要素多め

前作から引き続き、コメディー要素多めなのが期待通りだった。

手品を練習するFBI捜査官、自白剤があるかどうかを争うやり取り、取りに次々に食べられるアリ等々。

しかも、大人も子供もちゃんと楽しめる優しい笑いだった。

ラストが台無しに……

激闘が終わり、ヴィランであるゴーストでさえも救われたにも関わらず、ホープたちがチリとなってしまうという最悪の展開にはかなり不満である。

時系列的にアベンジャーズ・インフィニティ・ウォーよりも後とはいえ、なかなかきつい展開である。クロスオーバー作品の弊害がもろにでている。

 

※インフィニティ・ウォーの感想です。

sonykichi.hatenadiary.jp

 

スポンサードリンク